StreetFame-B系ブランドファッションSHOP-ムービー B系ファッション・NEWERA・PELLEPELLE・AKADEMIKS・LRG正規取扱店 StreetFame-TOP- B系ファッション・NEWERA・PELLEPELLE・AKADEMIKS・LRG正規取扱店 StreetFame セットアップ B系ファッション・NEWERA・PELLEPELLE・AKADEMIKS・LRG正規取扱店 StreetFame トップ&アウター B系ファッション・NEWERA・PELLEPELLE・AKADEMIKS・LRG正規取扱店 StreetFame インナー&カットソー B系ファッション・NEWERA・PELLEPELLE・AKADEMIKS・LRG正規取扱店 StreetFame パンツ&デニム B系ファッション・NEWERA・PELLEPELLE・AKADEMIKS・LRG正規取扱店 StreetFame LADY'S B系ファッション・NEWERA・PELLEPELLE・AKADEMIKS・LRG正規取扱店 StreetFame アザーコレクション B系ファッション・NEWERA・PELLEPELLE・AKADEMIKS・LRG正規取扱店 StreetFame OUTLET
B系ファッション・NEWERA・PELLEPELLE・AKADEMIKS・LRG正規取扱店 StreetFame Menu

ギャル服レディースファッション激安通販GALZ GALLERY
ギャル服レディースファッション激安通販GALZ GALLERY(ギャルズギャラリー)







StreetFame厳選ブランド!Check up!
B系ファッション・HIPHOPファッションの日本正規取扱店

 
 
 
URBAN CATEGORY
1978年、レザーの神様 MarcBuchanan によって立ち上げられたレザーオンリーのデザイナーズブランドをかわきりに1993年にデニムやスポーツウェアライン PELLEPELLE がスタートする。
その後瞬く間に成長し今やトップアーティストから絶大な支持を受け続ける王道的トップアーバンブランドに君臨する。


PELLECYMA
(ペレシーマ)
PELLEPELLEのHEADOFFICE(日本総代理店)。
レザーの加工、デザインは一級品でレザーの神様MarcBuchananのお墨付き。PELLEPELLEの血統を受け継ぐ事によりレザーへの探求、こだわりが日々磨かれている。今や和製PELLEPELLEと言われるほどにまで成長したレザーオンリーブランド。


NUMERODUE
(ヌメロドゥエ)
「自分達の欲しいモノ…」をデザインするブランド“NUMERO DUE”。
ブランド名“NUMERO DUE(=ヌメロ デュエ)”はイタリア語で“ナンバー2”という意味。ヌメロのウェアを着る人が“NUMERO UNO(=ナンバーワン)”。ナンバー2はナンバーワンを飾る為にあり、そのナンバーワンとはヌメロのウェアを着ている人自身(=お客様)という事。“NUMERO DUE”は30代〜40代前半がターゲットだが、ヌメロにとって常にナンバーワンの存在である着る人自身が年齢に関係無く自由に選んでもらいたいというのがデザイナーのブランドに秘めた願い。


NUMEROZERO
(ヌメロゼロ)
numero zero 2008年 秋冬からスタート
「自分たちの欲しいモノ・・・」をデザインする、がコンセプト。ワーク・スポーツ・ミュージックを背景に、都会のストリートで着るシンプルでハイクオリティーなウェア。ジャンルレスで、自由に楽しみ・自由に組み合わせ・自由に表現する、この考えをもとにデザインするnumero zero(=ナンバーゼロ)はNUMERO UNO(=ナンバーワン)である着る人次第で何通りもの顔を表現する。
1989年、ニューヨークのブルックリン出身のデザイナー、KARL KANI がウエアの製作をスタートさせたのが原点。
エネルギッシュでパワフルなセンスが瞬く間にブラックカルチャーシーンより評価をうけ、先端のアーバンストリートウェアの代名詞としてニューヨークのストリートファッション界の認知を得ることになる。現在かねてからのアーバンスタイルをコンセプトに、より都会的で大人的なハイクオリティなブラックスタイルを追求、着るものにワンランク上のコーディネイトを提案する。
2000年NYCにて誕生。
業界の老舗 MECCA、NIKEacg、10DEEP の3大デザイナーが集結した先端のアーバンブランド。 多くのデザイナーで構成され造られた AKADEMIKS はシーンの融合がクロスオーバーする斬新なデザインアイテムが全世界を魅了し一躍スターダム的アーバンブランドの称号をものにすることとなる。特にデニムにはこだわりを見せ続け加工技術には他のブランドの追従を許さないほどの仕上がりを見せる。HIPHOPだけにとらわれず幅広いシーンから絶大な人気を誇る。
1999年にNYで誕生。
ご存知 JAY-Z、DAMON DASH 率いる HIPHOP レーベルROC-A-FELLA RECORDSのオフィシャルクロージングライン。NEWYORK では B-BOY、ヘッズに絶大な人気を誇る ROCAWEAR 。インパクトのあるデザインとさまざまなスポーツやスタイルに対応したアーバンウエアを続々と展開中!
1999年JONAS BEVACQUAとROBERT WRIGHTの二人のデザイナーによりブランド設立。
“UNDER GROUND INVETIVE OVER GROUND EFFECTIVE”をスローガンにメッセージ色の強いグラフィックが特徴でバリエーションも豊富な LRG 。LRG はウエアのみに留まらず、アンダーグラウンドカルチャーへのサポートもするという情報のある生き方が、このブランドを象徴している。
1998年、レーベル会社 BadBoy Entertainment のオーナーでもある P.Diddyによって設立された言わずと知れた世界の SEAN JOHN 。
SEAN JOHN からリリースされる高性能、洗練されたデザインは常に世界のシーンを魅了し続ける。スポーツラインの他にプレミアムデニムラインの BLUE やシルクやカシミヤ等の高級素材を使用したラインの COLLECTION など幅広いテイストに対応するNY を代表するトップアーバンブランドである。
言わずと知れた 50CENT が大御所人気デザイナーの MarcEcko とタッグで設立させたクロージングライン G-Unit 。
クリーンで爽やかなスポーティーラインのスタイルが全米のみならず日本国内にも支持する者は多い。
1991年に NY で設立され、今やストリートウェアにおいても他の追随を許さないメガブランド SOUTHPOLE 。
その卓越した実力はアメリカのみならず、ヨーロッパ、アジアにおいても高い評価を得ている。商品デザインから製造、販売に至るまですべての過程を独自に作り上げそのブランド力はプロモーションにおいてもさまざまなビッグアーティストとのタイアップを可能にしている。
1994年に NY を拠点にスタートした大御所ブランド CLH が、次世代のファッションシーンを見つめ新たなる新ライン Creating Exclusive を 2007年に本格始動させた。Creating Exclusive は、素材やシルエット、デティールなど、徹底的なこだわりが反映されたジャンルレスなリアルクローズを展開する。また、流行を追いかけるだけではなく、斬新なデザインでさらなるトレンドを開拓し続ける STREET WEAR BRAND。
2006年、秋から本格的にスタート。
今のストリートアーバンスタイルを自由に表現する為に異才溢れる元 ENYCE のデザイナー達が集結し作られたニューアーバンブランド PARISH 。ペイズリーを象徴に、ビビットで斬新なデザインを全世界へ向け発信する。
1993年に NY で6枚のTシャツからスタート。
今や HIPHOP 業界ではナンバーワンの売上を誇る ECKO UN LTDのブランドの立ち上げから、すべてのデザインをしてきた人物 Mark Eckoが世界はセレブブームという事と各SHOPからの強い要望に応えるべく立ち上げたブランドが、この Mark Ecko ブランドである。
ECKO UN LTD でお馴染みの、サイのトレードマークから ハサミをトレードマークとした Mark Ecko は、現在 NY でスーパーブレイク中!


5iveJungle
(ファイブジャングル)
〜N.Y.発のアーバン・ブランド。
【5ive】はN.Y.の最もHOTな東部地区5箇所(Manhattan,Brooklyn,StatenIsland,Bronx,Queens)を表し、その多様性、エネルギー、ライフスタイルを【Jungle】に例えて表現したイメージ豊かなブランド。人種、民族に捉われず、色彩感覚溢れるデザインで、若者の創造性豊かなファッションを提案し続ける。また、“high quality, low price”は、5ive Jungleのブランドポリシーでもあり、その人気に拍車をかけている。


SOONE
(スーン)
2006年にフランス人グラフィティ-デザイナー JULIEN SOONE によって手がけられスタートしたブランド。ヨーロッパのストリートグラフィティ-と日本の文化伝統を見事にコラボレートさせている。ブランドコンセプトは「誉」すなわち HONOR/RENOWN であり、マテリアル、デザイン、クオリティにとことんこだわりをもち妥協を一切許さない仕上がりとなっている。アイテムタグに施された「誉」の刺繍はすなわち、これの意味である。

RMC
(レッドモンキー)
2002年に香港で人気のセレクトショップ「1001」のオーナーであったMARTIN KSOHOHが設立。
デニムを作るうえで最大の難関とされているポケットへの完璧な刺繍の技術を開発し一人が1パートを担当するという形で究極のデニムを作り始める。
「RED MONKEY COMPANY」の噂は全米中に広がりJAY-Z、NAS、JAMIE FOXX、JUSTIN TIMBERLAKE等、数多くの有名アーティストが様々なコンサートやアワードの受賞式等に着用して現れ、現在アメリカではストリートの人間の憧れのジーンズとして君臨するブランドである。


ENYCE
(エニーチェ)
1997年にNYCにてHIPHOPの老舗MECCAのメインデザイナー達が設立させた。
それ以来アメリカは勿論日本国内、ヨーロッパ諸国でも大ブレイク。瞬く間にNYを代表するアーバンブランドに成長した。数年前からレディースラインのLady'Enyceがスタートし、シーンに大きな影響を与え続けている。ECハイソサエティを意識した高品質なクォリティに要注目だ。


SIR BENNI MILES
(サー・ベニー・マイルス)
1995年、アーロン・ベンジャミン・マイルスによってニューヨークで創立された老舗ブランド。彼はヒップホップのダンス、ミュージックの要素とブルックリン文化のエッセンスを加味した独特のファッションを創造しストリートシーンに登場。それから10年以上の歳月を経て洗練された大都会のストリートウェアとして復活。ニューヨークのアーバンルックとヨーロッパの洗練された感覚が見事に融合し新しいライフスタイルを提案し続ける。


RICH YUNG
(リッチヤング)
NY Brooklyn出身のラッパー「Fabolous」が2000年から2005年にかけて構想し、2006年にスタートしたブランド。Fabolous自身がオーナー/ディレクターを務めると同時に広告塔として着用し、T.I.やYOUNG JEEZYやSEAN PAUL等のアーティストやセレブがこぞって愛用したことにより富裕黒人層から人気に火が付き、一躍注目ブランドとなった。ブランド名Rich Yung はFabolous自身による造語で「若いうちに富を掴んだ者だけが味わうことのできる、誰もが憧れるリッチで都会的なライフスタイル」をコンセプトにしている。
STREET BRAND CATEGORY
1994年イギリスのサウザンプトンより発信した ADDICT。
長年の伝統や経験をもとにイギリスの文化を着るものにして思わせるハイクォリティなストリートブランドとして国内外で評価されている。ADDICT の商品はクリーンで着こなし易く、ディテールも凝っているのがポイント。80年代のスタイルをミックスさせたラインが豊富である。
ORISUE は 2006年SPRING LINEよりスタート。
カリフォルニア州のオレンジカウンティ発信のブランド。
ブランド名の由来やアイコンも日本の折り紙からインスピレーションを受けており、コンセプトとして ORISUE は「白紙の紙切れに工夫を加える事でどんな形にも出来、自分たちの限られた物の中から最大限に自分たちのアイデアを反映させる事が出来る」という意味が込められている。


FIVE FOUR
(ファイブフォー)
2004年L.A.を拠点に置き、Andress Izquieta と Dee Murthyの2人によって設立された新鋭ブランド。数学方程式 5-4=1 <1は男の統一概念である、one love> という意味を込めて作られたブランドネームである。特にデニムパンツには目を見張るものがありL.A.の工房にてシワ加工、洗いを手作業で行い仕上げるプレミアムデニムである。
ハイクオリティデニムを筆頭に今までのアーバンブランドとは全く異なったデザイン展開に要注目だ。


DISSIZIT!
(ディスイズイット)
L.A グラフィック アーテイストのカリスマ "SLICK" が自身のアートを Clothing に置き換えて表現したブランド。
SLICK は数々のグラフィックアートの名作を生み出した他にも、ファー サイド、レッドホットチリペッパーズのロゴ、ジャケットのデザインを担当するなど、HIP HOP, ROCK とジャンルを超えたアーテイスト達からも支持されている。また、日本でもおなじみの BOUNTY HUNTER の Toy をデザインし、多岐にわたる才能を発揮している。


BLAC LABEL
(ブラックレーベル)
メンズカルチャーの魅力的な部分と現代の感覚をミックスして生まれた 『 BLAC LABEL 』 はヘッドクオーターはバージニア州、バージニアビーチ。
そのクオリティーの高い生地と優れたディテールは、常に私達の製品に対する特性や本物への追求に妥協していないためであり、そのデザインは人目を引き付け、ディテールとしてラフな加工を施し、アメリカファッションとしてオリジナルテイストを提供している。


EYE WITNESS
(アイ ウィットネス)
アンダーグランドなストリートカルチャーから生まれたグラフィティブランド EYE WITNESS はLA 在住のグラフィティアーティスト Tyke によって手掛けられている。
彼の描く絵はギャングが描く1色のシンプルな絵とは違い、カラフルで立体感のある物が特徴でありそれが才能として認知され、何百もの個性的な作品を生み出し、EYE WITNESS (目撃者)ではモンスターをモチーフとしたあらゆる視点からグラフィティを描き続ける。たかが、落書きかもしれないが、世にストリートがある限り、EYE WITNESS は進化し続ける。


SOULBRAND
(ソウルブランド)
1989年にカリフォルニアで「SOUL」が誕生。
当時はサーフギアを中心に構成されたが次第にスケートボード、スノーボードなどのX-TREME系にまで幅を広げていった。2008年『MORE HIGH STYLE』をテーマに加え、ブランド名を『SOULBRAND』とし日本独特のストリートスタイルを取り入れた従来のHIPHOP系、スケート系を進化させたスタイルは不景気な世の中の起爆剤になり、世の中をリードしていく!


ROCK HARD
(ロック ハード)
1994年にデザイナーであるJAKUAN(ジェイコン)により立ち上げられた, N.Y.の老舗ブランド。JAKUANはSUPREMEのディレクターであるJAMESとともに、セレクトショップUNIONを立ち上げ、その後に独立。フロントにROCK、バックにHARDのデザインはお馴染みで、SUPREMEのBOXロゴ同様にアレンジされ、リリースされ続けている。 N.Y.での日々の生活からインスパイアされた、機能性とデザイン性を兼ね添えたアイテムを数多くリリースし続けている、N.Y.のストリートシーンにおいて欠く事のできないブランド。JAKUANはSTUSSYやKAWSのフィギュアデザインも手がける等、幅広い活躍をしており、これからも目が離せない存在である。
IMPORT CATEGORY


TBG
(ティービージー)
1990年代にHIPHOPファッションの先駆けとなったTOO BLACK GUYS。
コレクションはハイクオリティーなHoodyとTシャツを軸に、鮮やかな色目+ウィットに富んだグラフィック、そしてディテールにこだわり仕上げられている。特筆すべきのアイテムに込められたメッセージ。毎シーズン、テーマを掲げ、アメリカ国内での黒人紛争の歴史やキーパーソンをデザインしたアイテムが要注目だ。
世界のトップアーバンブランドの大御所である SEAN JOHN BLUE のデザイナーが立ち上げた スコットラングトン のセカンドラインブランド。
スコットラングトンのテイストはそのまま残し、よりカジュアルに、よりプライスを抑え2006年 S/S からファッションの聖地、マジックショーにて本格的にスタート。斬新かつインパクトを放つ圧倒されるデザインは全世界から要注目だ。


Nostro
(ノストロ)
NEW YORK のストリートシーンから生まれた大注目のブランド"NOSTRO(ノストロ)"が遂に日本上陸。
オールドスクール全盛から現在までこのシーンのファッションスタイルを確立させる火付け役となった大御所ブランドの JOHNNY BLAZE のセカンドライン。ストリートのトレンドをリアルに反映した見事なデザインセンスで、高感度なアイテムを多数ドロップ。今後はストリートシーンのマストブランドとしてますます目が放せない急成長のアップカマーブランドだ。


TRUELOVE&FALSEIDOLS
(トゥルーラブ&フォールスアイドルス)
2006 年春の Howe Denim のアートディレクターである Alex (2tone) とオレンジカウンティーで悪名高いチーム Klobber Crew を率いていた VAZ によって登場したニューブランドの True Love & False Idols 。
カリフォルニア コンプトンに拠点を置きコンセプトは空虚感や人間の内面を表現したグラフィックデザインが特徴。 アメリカの有名セレクトショップ(Fred Seagal、Ron Herman、etc... )で扱われ、セレブ愛用者も多数存在する。

B系 HIPHOP系 Two Angle
Two Angle
(トゥー アングル)
1999年、NY のデザイナーと French オフィスの協力から誕生した。
French と American の対極なスタイルを独自の感性で Mix させた話題沸騰中の注目ブランド。ブランドネームの Two Angle も France と U.S.A の両方からインスピレーションを受けている事から付けられたものである。


SPITFIRE
(スピットファイアー)
1999年イギリスにてスタート。
イギリスを皮切りに2002年から米国でもセールスを開始し米国内ブティック市場の最もエクスクルーシブな SHOP を中心に展開。
今やヨーロッパ、米国のみならず日本国内においても UNITED ARROWS TOKYO、FREES DEPT TOKYO でも展開されている。今、最も要注目の “アイ・ウエアー ブランド” として脚光を浴びている。流行にあまり流されずに、そして真の MODERN SENSIBILITY を表現する EYEWEAR を追求し続けるのが Spitfire だ。
ロサンゼルスでは長い歴史を持つ老舗ブランドCAL TOP。
今やウエストスタイルやチカーノスタイルでは定番中の定番でクオリティーの高いMADE IN USAのチェックシャツでお馴染みのブランド。
もちろん現地L.A.のブラックやメキシカンにも人気は高く、もはやウエストスタイルには欠かせないアイテムとして豊富なカラーが展開されている。
DOMESTIC BRAND CATEGORY
sneaker nutsによるsneaker nutsの為のsneaker nutsのコミュニティー。それがKIKS。
現在、東京【KIKS TYO】、ニューヨーク【KIKS NYC】、ロス【KIKS LA】を活躍の拠点とし、 2006年 DJ hobby:techプロデュースによりワールドワイドにスタート。
KIKS が提案する新しいスタイルは、ウェアに合わせたスニーカーコーディネイトではなく、スニーカーに合わせたウェアコーディネート。そして、sneaker nutsの為のスペシャルプロダクツをプロデュースしている。
2001年にスタートした「全てを手に入れる」と言う意味のブランド THE WHOLENINE BRAND 。
常にインポートブランドを意識し、ディテール、マテリアル、デザイン、サイジングまで徹底的にクオリティーを追求。
日本人好みのカラーやデザインでストリートにバイブスを注入。
またアンダーグラウンドで活躍するアーティストともコラボレートし幅広く展開する。
WEST 発 唯一の人気ドメスブランド THE WHOLENINE BRAND から今後も目が離せない。
2007年、東京ドメスブランドとして立ち上げられた DBL。
NYのブルックリンの有名セレクトショップ VINNIES STYLE とのコラボレーションモデルをリリースしあの FABOLOUS もが愛用している。コンセプトは COOL FOR MEN! モテたい大人が手にしたくなる様なアイテムを続々とリリースし大ヒットを飛ばし続ける。今後も誰もが目を離すことが出来ない要注目ドメスブランド DBL 。
ヒップホップカルチャー に絶えずアプローチしペイント し続けてきたグラフィティアーティスト “ TOMI-E ” が ACC を設立。
HIPHOP の創造を超えて活動の場を広げていく TOMI-E の卓越した発想性から繰り広げられる ACC のデザインは 都会のストリートにおいて多くの若者から絶大なる支持を常に受けている。


EASY JOB
(イージージョブ)

2005年度よりスタート。関西から全国に独自の切り口でHipHop&ストリートスタイルを発進している。
HipHopミュージック、カルチャーからインスピレーションを受けたそのプロダクトはアンダーグランドな目線から“着る人へのメッセージ”を伝えるべく構成されている。
HipHop用語の中で使用される“サンプリング”をそのままBodyに落とし込んだアイテム展開は現在New Yorkでも注目されているジャパニズムな要素も含み、まさに現代のシーンとの融合を目指したグローバルスタイルである。



SUXEL
(サクエル)
常にトレンドに合わせ斬新且つド肝を抜かれるアイテムを展開しつづける SUXEL 。
今や知名度もすっかり定着、季節ごとに発信される独特なデザインやカラー遣いをベースにしたアイテムを心待ちにするファンも増殖中の要注目ドメスブランド。

B系 HIPHOP系 SLOW RIDE
SLOW RIDE
(スローライド)
ベーシックなアイテムから、トレンドを打ち抜くデザイン物まで、シンプルながらも一捻り加えたアイテムをリリースし続けるアーバンストリートブランド。
ロウプライスながらも非常に高いクオリティが人気。
実生産の際には、今音楽の現場で活動しているダンサー、アーティスト等のナマの意見を商品に反映させ、本物が納得できる商品を打ち出し続けている。


Double
(ダブル)
国内唯一の最強にして最高のクオリティを誇るプレーンブランド。
2003年有限会社GROBEが企画、開発し中国の自社工場にて生産している。
独自の縫製でこだわりのプレーンアイテムを続々と展開。
プレーンの常識を覆す出来栄えに今、巷は話題騒然だ。
ドメスティックプレーンの呼び名も高いこのブランドはファッションの聖地である
マジックショーにブースの出展を目指す。今後の動向に要注目だ。


R・H・G
(アールエッチジー)
KARLKANI 日本総代理店である株式会社 PEET が
独自のオリジナリティを駆使してプロデュースするブランド。
主にカットソーがメインだが、
KARLKANI を生産している工場で作られている為クオリティはお墨付き。
プレーン専門にプロデュースしている多くのブランドも「打倒 R・H・G」を目標に掲げているのも事実。
おまけに購入する側にとって一番の魅力であるロウプライスを武器に全国のB-BOYたちに支持されているブランドである。


PREPS
(プレップス)
“PREPPY” スタイルをベースにワンランク上のお洒落を追求する国内発ドメスティックブランド。
2008年5月より本格始動した PREPS は、トレンドを意識したデザインとアイテム選びで、POP で CATCHY なスタイルを提案し続ける。


raise8 apparel
(ライズエイト アパレル)
上質なイタリアンレザーをベースに、アパレルに関する様々な流れを BELT と言う小物に置き換え
リアルなストリート感を表現し常にハイクオリティーな商品を提案し続ける、今業界で注目を集めるアップカマーブランド。


warm Records
(ウォーム レコーズ)
〜アツいものを記録する〜 と言う意味で、音楽ネタなどミュージックを基本とするアクセサリーブランド。
ロウプライスを武器に、ついつい心を奪われるインパクトアクセントを持ち合わせた創造性からリピーターが続出。ボールチェーンの長さを好みでカットし、短めのネックレスにしたりあるいは更にカットすることによりバッグなどに付けたり様々な楽しみ方に対応するつくりとなっている。


BLACK CARD
(ブラック カード)
2007年 SUMMER ラインからスタート。
流行のスタイルやデザインを手頃なプライスゾーンで提供し続ける 和製ストリートブランド。


LEGENDARY GATE
(レジェンダリーゲート)
ベーシックなアイテム&デザインをコンセプトにスタートしたドメスティックブランド。
リーズナブルなプライスと、そのプライスからは想像も出来ないほどのクオリティの高さが、幅広い年齢層から支持される理由。今、持っている服にプラスアルファすることで、さらにステップアップ出来るスパイス的な人気ブランド。


GROOVE DIGGERZ
(グルーヴ ディガーズ)
グルーヴとは 「ノリ」 を表す言葉でありまた、ディガーズとは 「抗夫」 を表す言葉である。この二つの言葉を合わせる事により、本来アーティストに必要な「掘る」 という行為と 「ノリ」 という感覚が生まれる。つまりグルーヴ感の会得はアーティストにとって必要不可欠な要素のひとつでありその必要不可欠な要素を 2人のアーティストがストリートウェアと言うフィルターを透し、また THE WHOLENINE BRAND. 全面のバックアップの元、全てのパーフォーマーの為にブランドを発表する。それが、アーティスト発、パフォーマーズウェア 「グルーヴディガーズ」 である。


vangle
(バングル)
既成概念にとらわれないカジュアルからエレガントまで対応出来るファッションをコンセプトにスタートした「vangle」。フランス語のVie(生命、人生、生き方)と英語のAngle(角度、視点、観点)を融合させた「vangle」という造語の意味合いを持ち、デザイナーが感じた事や考えている事をグラフィックで表現をした素直なメッセージ性や、素材、付属、プリント手法、染め、BODYへの特殊加工など全て"オリジナル"にこだわり独自の世界観を表現し続けるブランド。固有のスタイルを変えず、進化し続けるこだわりがvangleのスピリットです。


ACCENT
(アクセント)
2010年にスタートしたプレーン専門ドメスブランド 「ACCENT」。
「コーディネートを一段と引き立たせる"アクセント"になるアイテムを作る」をコンセプトに、様々なジャンルやシーンに合わせた柔軟なアイデアから生み出されるアイテムは、コーディネートに不足がちの"ワンアクセント"をしっかり埋める新しいジャンルを確立。 流行やニーズを反映しつつも求めやすい"気軽なプライス"は今後とも目がはなせない。


Subciety
(サブサエティ)
常に妥協のない物作り=「揺るぎないデザイン」をコンセプトにアイテムを展開。
シンプルでクオリティの高いウェアーは本来洋服が持つべき本質を追求したリアルなスタイルを表現。独自の視点や嗅覚から素材を選び、匠の技によるカッティングと裁縫は男心をくすぐる奥行きを感じる仕上がりとなっており、トレンドに媚びない世界観はアーティストから絶大な支持を受けている。


9 microphones
(ナインマイクロフォンズ)
「Trust your pain」=「己の痛みを信じろ」
Pay money To my PainのKが発信するブランド"9 microphones"。
Kのバックボーンである、スケート、パンク、そしてアメリカンカルチャーの
記憶をサンプリング・ソースとし、Kの世界観から生み出される自身と仲間の為の服。情報の過剰供給により、与えられた不透明な服ではなく、自らの意思で着る人、その感情によって完成される、リアルで特別な空気感を持つブランド。
自身が着たいものと着る者のために、拘り抜いた妥協のない物作りによって
生み出される作品には、その魂が宿る。

B系 ストリート系 ACCEL MOVE
ACCEL MOVE
(アクセルムーブ)
ダンスやスポーツからストリートのアクティブなスタイルまでを網羅し、優れたパフォーマンスを誇る2010年にスタートしたばかりのアグレッシブなドメスティックブランド「ACCEL MOVE」。その名の如く「動き易さ」や「過ごし易さ」を考慮したラフでオールラウンドな作りはダンサーやスポーツ選手などは勿論、用途を問わないストリートシーンでも支持を得ており、気取らないリーズナブルなプライスは手軽な親しみ易さを感じさせるユーザーの強い味方となりえるブランドコンセプト。

B系 ストリート系 ACCEL MOVE
VOLTAGE
(ボルテージ)
「ROCKスターに捧げる時計を作りたい・・・」そんなデザイナーのロックに対する熱い思いを具現化したウォッチブランド。ヴォルテージのエンブレムは、スカルとユリの紋章から構成されており、スカルは人間の基礎であり人間のアイデンティティーそのものといえ、それに対してユリの紋章は気高さを意味する。その2つを組み合わせる事により「人間の存在そのものの気高さ」を意味する。品質・作りにこだわり、唯一無二のハード且つ大胆なデザインが今ジャンルを飛び越えて幅広い人気を呼んでいる。
REGGAE BRAND CATEGORY
2000年カリフォルニアの COSTA MESA にて設立。ブランド名の NESTA は BOB MARLEY (本名 :ROBERT NESTA MARLEY)のミドルネームから。
メインコンセプトは “HIGH STANDARD URBAN CULTURE” 。REGGAE、HIPHOP などのミュージックカルチャーから SURF や SK8 にいたるあらゆるストリートカルチャーとリンクしている。 特にアメリカ国内においてはブランド設立当初から BUJU BANTON、BEENIEMAN、SEAN PAUL などジャマイカのトップアーティストを数多くサポートしている。


ZION
(ザイオン)
フロリダから発信される音楽界の伝説的人物をモチーフとしたクロージングブランド。
特に“KING OF REGGAE”のBOB MARLEYをはじめとしてJimi Hendrix 、Mailes Davis などの肖像をモチーフとした作品が代表的で彼らが今にも語りかけてくるようなリアルさが日本国内のみならず全世界で圧倒的な支持を誇っている。



LIVE MECHANICS
(ライブメカニクス)
2000年に発足。
創立者兼デザイナーでもあるOSAは彼のルーツであるAfrican Culture,Hip Hop Culture、またヨーロッパスタイルを取り入れたLive mechanicsをスタートさせた。それまでのUrban Brandには無かったMサイズなどジャストサイズを取り入れた着こなしは多くの人種の人々に受け入れられる。多くのアーティストにも愛され、ショーンポール、Black Eyed Peace、Julasic5、Ace Alone等が絶対的信者に名を連ねる。


RIDDIM DRIVEN
(リディム ドリブン)
1979年ニューヨークのクィーンズ・ジャマイカを拠点に設立されたレコードレーベル“VP Records”そのクロージングラインとしてスタートしたブランドRIDDIM DRIVEN。2004年に25周年を迎えたVP Recordsよりリリースされた数々の作品をウエアにて表現するRIDDIM DRIVENはReggaeモチーフのグラフィティやレコードジャケットフォトプリントなどのアイテムで展開される。

SURF・SKATE BRAND CATEGORY


THRASHER MAGAZINE
(スラッシャー マガジン)
81年にスケートの聖地サンフランシスコにて「純粋なスケーターだけの雑誌を」 という想いから創刊された本格スケーター雑誌。
アメリカ本国のコアスケートの銘柄である THRASHER は日本のストリート世代にも多大な影響を与え続ける。西海岸のリアルストリートのテイストをメインに、復刻系レアアイテム等のデザインは今後も必見!!


VOLCOM
(ボルコム)
1992年 リチャード・ウールコットとタッカー・ホールによってカリフォルニアにてスタート。大物プロサーファーやスケーター、ミュージシャンなど多くの分野でサポートを展開。見事なカラーワークが特徴でハイクオリティなマテリアルは勿論、美しいシルエットを堪能できるワールドワイドな人気ブランド。


Famous
(フェイマス)
1999年、トラヴィス・バーカー(Travis Barker/blink182 のドラ マー) が創設。
今ではこのブランドを愛する多くのサポートファミリーたちが、ヒップホップ、パンク、ロック、アート、ストリートウェアー、スケートボード、BMX、モーターサイクル、ストリートバイクなど、多くのジャンルでブランドの知名度を高め続ける。あらゆるタイプの音楽を愛する人々のための “ライフスタイル・ブランド” というコンセプトのもとにワールドワイドに要注目されるアップカマーブランド。


DC SHOES
(ディーシーシューズ)
1993年、ケン・ブロックとデイモン・ウェイがパフォーマンススケートボードシューズブランド “DC SHOES, INC.” を創設。その後、パフォーマンススケートボードシューズのトップブランドとなった 「DC」 は多くのスケーターから絶大な支持を得る一方で、スノーボード、モトクロス、BMX、サーフィンのフィールドにも進出し、それぞれにプロチームを結成。さらに 2005年、モータースポーツの世界にも参入、文字通りアクションスポーツのトップブランドへと成長を遂げる。
スケートボードシューズだけでなく、アパレル、スノーボード、スノーボード・ブーツ、スノーボードウェア、アクセサリーへとプロダクトラインを拡大し続ける、世界を代表するトップアクションスポーツブランド。


MISHKA
(ミシカ)
ロシア語で"小熊"という意味の「MISHKA」。
ブルックリン発祥のMishkaは二人の創始者がインスピレーションを受けた全ての物を表現しようとしており、80年代のパンクシーン、スケートシーン、マイナーポップカルチャー、漫画、映画、収集用フィギュア、都市ニューヨークなどから色々なインスピレーションを受けてアイテムを展開している。今やNYだけでなく日本にもそのクオリティーの高いアイテムはストリートで注目を浴びている。

WORLDWIDE BRAND CATEGORY



Champion
(チャンピオン)
1919年創立。
スウェットシャツの名品を数多く世に送り続けている名門中の名門ブランド。
クオリティの高さは言うまでも無く多種に及ぶ画期的な製法により
何年にも及んでヒット商品を連発し続ける。
幅広い年齢層から絶大な人気を誇る世界屈指のメジャーブランドだ。


NIKI
(ナイキ)



Levi's
(リーバイス)
言わずと知れた誰もが知っている世界中で愛され続けるブランド。
耐久性は勿論、シルエットや穿き心地の良さは今更言うまでもない。
永遠不滅の名品501を始めラインナップする種類は数え切れないほど。
幅広い層と幅広いシーンから支持され続ける世界No.1のジーンズブランドだ。


Columbia
(コロンビア)

1960年にスポーツウエアカンパニーとして発足。
今やアウトドアブランドとしては業界No.1の認知度、実績を誇る世界的なアウトドアスポーツブランド。特にダウンジャケットのデザインや機能性には定評が高く、アウトドアスポーツ界のみならず多くのジャンルから幅広い支持を受けている。


MAD BOMBER
(マッドボンバー)
創業者であるブレンドは1978年にユタの大学を卒業後憧れの地、中国満州に旅立ち、そこでジンギスカンの時代から伝わる毛皮の帽子に出会いそれを故郷に持ち帰る。予想通り持ち帰ったファーハットは飛ぶように売れ、それを期に彼は米国 TRADE SHOW にブースを出展し注目される。天然素材と革新的な新素材とを組み合わせたユニークなヘッドウェアーを作ることを心がけている MAD BOMBER に今後も要注目!
(MAD BOMBER のブランドネームは、創業者のブレンドが大学時代に “向こう見ずなスキージャンパー” として名を轟かせていたことから名付けられました。)

B系 HIPHOP系 Timberland
Timberland
(ティンバーランド)
単なるアウトドアイメージを払拭し、ストリート、クラブカルチャー、ボード系アクティブスタイルを好みファッションの味付けに取り組む方々をターゲットとしてアメリカンストリートスタイルを追求。


LACOSTE
(ラコステ)

1933年フランスから発信された世界的なメジャーブランドであるLACOSTE。
Rene Lacoste、Andre’Gillerlの2人によって設立。特にテニス業界では古くから君臨し続け、ポロシャツの原点ともなったワニのロゴ<クロコダイル>は誰もが知っているワンポイントロゴ。クラシックなスポーツウエアの代表としてどんなジャンルからも注目されている世界的な老舗ブランドだ。


KANGOL
(カンゴール)
1938年創立。
名前の由来は高級素材であるSILKの「K」、ANGORAの「ANG」、WOOLの「OL」からきている。
創立より半世紀以上経た今なおBEATLES、L.L.COOLJ、故ダイアナ妃等、国境、ジャンルを越えた人々と共に歴史を重ね、愛され続けているブランドである。


MAMMUT
(マムート)
1862年、スイスで創業。
「本物」と呼べるアウトドア製品だけを展開し世界中のクライマーやアルピニストたちから絶大な支持を集めるトップブランド。プロのアスリートたちから高度な要求を製品づくりにフィードバックして耐久性や機能性の向上に取り組んできた MAMUT 。その活躍の場は、今や登山の世界だけにとどまらずアウトドアからタウンユースまで幅広く展開し続ける。
HIPHOPスタイルには絶対的に必要不可欠な必須アイテムNEW ERA CAP。
その歴史は意外に古く、1920年にニューヨーク州バッファローで誕生した。HIP HOPイメージが強いが、MLB(メジャーリーグベースボール)のオーセンティックCAPの独占的ライセンシーで、全チーム・選手にオンフィールドCAPを供給しているスポーツ色も合わせ持つグローバルキャップメーカーだ。

B系 アーバンブランドブランド EK by NEW ERA
EK by NEW ERA
(イーケイ バイ ニューエラ)
今やベースボールキャップの代名詞と言っても過言ではない New Era Cap 。
その歴史は古く、1920年にエルハルド・コックによって設立された。当初はバッファローにある紳士服店用にキャップを製作し、ハンチングやキャスケットなどその時代を象徴するアイテムをリリースしたことが起源となり、85年の時を経てエルハルドのビジョン、パイオニアスピリットは彼のイニシャルを関して EK by New Era として蘇る。こだわり抜いたプレミアムな素材や確かな品質、革新的デザインを駆使して、個性的なスタイルを表現する新しいブランドとしてラインナップされる。


PROCLUB
(プロクラブ)
自他とも認める“Hip Hop’s No.1 Shirt”ブランドPRO CLUB。今やそのシェアは世界No1と言っても過言ではない。がっちりとしかもしっかりと造られているボディは多くのアーティストやスポーツ選手が愛用している。


2xist
(ツーイグジスト)

1991年にアンダーウエアブランドとしてスタート。
現代のボディコンシャスな男性をイメージしてデザインされたアンダーウエアは今や世界から厚い信頼と圧倒的な支持を受けている。特にこのブランドを一躍トップに君臨させた<Square Cut TANK TOP>は大物アーティストやアスリート、ハリウッドムービースターら多くの成功者が愛用している。
NATIONAL BRAND CATEGORY


UNITED SPORTS OF
AMERICA
(ユナイテッド スポーツ オブ
アメリカ)
高品質なウールを中心とした素材を使用し、アメカジスタイルを、現代風にリデザインした鮮度の高いラインナップが魅力。WOOLRICH を手がけていた会社によるニューブランドであり、 WOOLRICH の企画・生産により蓄積してきた貴重な財産を、ウール素材商品の開発・企画に集積する為、 UNITED SPORTS OF AMERICA を設立。セレクトショップやブランドからの別注が相次ぐ要注目の人気ブランド。
WORK&MILITARY BRAND CATEGORY


ROTHCO
(ロスコ)

1953年に設立。
アメリカの軍専用のミリタリー製品を供給しつづけてきた伝統的なミリタリーウエア専門ブランド。今や軍や警察に供給するだけでなく、アウトドアアイテムやスポーツラインにも幅広く展開。hiphopに留まらず、多くのファッションシーンから迷彩柄がマストカラーとなった火付け役でもある。低価格にて展開される商品群は流石は軍ご用達ブランドだけに耐久性も高く、常に安定した高い評価を受け続けている。


Dickies
(ディッキーズ)
1992年に誕生。誰もが知っている世界のワークウエアブランド。
近年はビッグネームとのコラボアイテムをリリースしたり、ファッション性に富んだレディースラインや豊富なカラーバリエで新しいワークウエアスタイルを確立しつつある。
 
B系ホームB系セットアップB系アウターB系インナーB系パンツ・デニムB系LADY'SB系アザーコレクションB系アウトレットコーナー

(c) 2003.JKGROW.Ltd all rights reserved.